親切・丁寧・迅速!堺市南区槇塚台の司法書士事務所

よくあるご質問(Q&A)

  • HOME »
  • よくあるご質問(Q&A)

Q1.相続登記には期限がありますか?

A1.相続税の申告には期限がありますが、相続登記自体には期限はありません。

しかし、放っておくと相続が新たな相続を生み相続人の数が増え、結果的に登記に至るまで時間とお金がかかることになるので早目の相続登記を是非おすすめします。

 

Q2.相続登記に必要な戸籍謄本や印鑑証明書等に有効期限はありますか?

A2.登記上は特に有効期限はありません。

 

Q3.相続財産より負債の方が多額で相続放棄をしたいのですが?

A3.相続放棄は相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。

たとえ相続人間での遺産分割協議で自分は何も相続をしなかったとしても、負債は相続することになるので注意が必要です。

 

Q4.遺言をしたいのですが?

A4.まずは、自分の全ての財産をリストアップしてみましょう。 そのうえで、その財産を誰に譲りたいのかを決めていきます。

遺言(普通方式)には大きくわけて自筆証書遺言、公正証書遺言、 秘密証書遺言の3つがありますが、この中でよく使われるのは自筆証書遺言と公正証書遺言です。 遺言により自分亡き後の紛争を未然に防いだり、相続権のない人や団体に財産を取得させることができます。

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。

 

Q5.住宅ローンを完済したけど、担保の抹消登記は必要ですか?

A5.法律上は必ず抹消しなければならないというわけではありません。

ただし、そのままにしておくと登記上は担保が残ったままになるのでその不動産を売却したり、担保に入れて融資を受けたい場合は前提として抹消しなければならない場合がほとんどです。

 

お問い合わせはこちらから TEL 072-350-1137 FAX 072-293-8811 受付時間 午前9時~午後5時 (FAX は24時間受付)

2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Copyright © 田中智子司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.