親切・丁寧・迅速!堺市南区槇塚台の司法書士事務所

遺言・相続

遺言

死はどなたにもいつか必ずおとずれます。

遺産の大小を問わず、遺言は自分の最後の意思表示といえます。

 

  • 子供がいないので、配偶者に全ての財産を残したい。
  • 内縁の妻に、財産を残したい。
  • 相続人がいないので慈善団体に寄付したい。

 

等々、遺言をすることで遺産をめぐる争いを予防したり、

本来相続権がない人や団体に財産を残すということができます。

 

自分の最後の意思表示をするお手伝いを当事務所では全力でサポートさせていただきます。

 

 

 相続

相続登記はいずれやればよいとほうっていませんか?

たしかに相続登記自体には期限はありませんが、

ほうっておくことで相続が新たな相続を生み、相続人の数が膨大になります。

結果的に手続きはさらに複雑になります。

相続人の中に認知症の方がいれば、成年後見人の選任が必要になります。

相続人同士でもめれば解決までに多大な時間がかかることになります。

必ずいつかはしなければならない相続登記、早目の手続きを是非おすすめします。

 

 

2019年12月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGETOP
Copyright © 田中智子司法書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.