日中は少々汗ばむ季節になってきましたね。皆様お元気でいらっしゃいますか?

私の方の近況はといいますと、6月19日(水)・20日(木)の2日間、東京で「家族信託」の朝から晩までの研修を受講し、2日目最後に修了課題を解き、無事「家族信託専門士」の資格を取得して帰ってきました。

特に資格がなくても「家族信託」のお仕事に関わることはできますが、国内で「家族信託」の第一人者であり、「家族信託普及協会」の代表理事で東京司法書士会所属の宮田浩志先生から信託に関する最新情報とスキルを学ぶのが目的でした。

今回は北は宮城から、南は熊本から集まった12名の少人数の研修でした。

グループに分かれてのディスカッションがとても多く、ものすごく能動的で内容が非常に濃いものでした。

2日間こんなに頭をフル回転させたのも久しぶり。また、普段はPCで書面を作成するので、腕が痛くなるほど手書きするのも本当に久しぶりでした。

3日目は、せっかくなので思いっきり羽を伸ばして遊びまくりました。

大学時代の親友介して知り合えた女性の方とランチやお茶をして、その後はスカイツリーの展望デッキで東京の街を一望したり、ぷらぷらと浅草観光した後、ホッピー通りの屋台で夜行バスの時間ギリギリまで飲んで食べたり(汗)

話を戻しますが、「家族信託」はあくまで「遺言」や「成年後見」や「任意後見」等の従来の手法にとってかわる魔法の手法ではなく、あくまで選択肢のひとつです。

ご家族の想いや円満な資産承継を実現するための一手法にすぎません。でも、そのご家族のお悩みや想いにぴたっと合う場合は素晴らしい効果を発揮してくれます。

「家族信託」って耳にしたことはあるけど、どんなもの?ウチの場合は「家族信託」を使ったほうがよいの?などご興味がありましたら、いつでもお気軽にご連絡ください。

司法書士 田中智子

Share on Facebook